カテゴリー

残業時間、過去最高

今日は給料計算の日でしたが、予想通り、残業時間が過去最高です(汗)売上は普通です。何なら少し下がっています(涙)

今の仕事がいつ売上立つのか?タイミングの問題もあります。確かに注残は増えております。コントロールが難しい状況です。

売上落ちているのに忙しい状況、最近話しをした社長達は全く同じことを言っています。まず、数量が細かい仕事が大量にきている。それは、一件の受注の単価が下がっていることを意味しています。その分、件数は増えているのですが、客単価の減少をカバーするまで行っていないということです。

まだコロナ禍ですが、それが理由か分かりませんが、周りの会社さん含め、「細かい仕事が多く、すべて短納期」っていう傾向は顕著な気がします。それがコロナ禍の特徴なのか?それとも、コロナ禍関係なく仕事のトレンドが切り替わったのか?見極める必要がありますが、私達は今まで以上に「多品種・少量・短納期」の対応力が求められているのです。

これでもうちは変化に対応できてきたと思っていましたが、これでも甘いということです。残業時間に反映されていますから。そこを突き詰めていかないと。です。

幸いにも、こんな不景気でも、仕事を出してくれるお客様はいるのです。だから、ニーズは今この状況なんです。なので、うちも絶えず変化していかなくてはならない。

それは、みんなで大きなテーブル囲んで会議するようなことではなく、現場からの意見をどんどん業務フローに入れていく、即時対応。小さい工場はそれができるし、やって行かないと生き残れませんから。ちょっとした業務フローの改善で解決できるか?それとも設備投資が必要なのか?色々考える事多くて、頭一杯です(笑)でも楽しいけど。現場は大変だけど(笑)

今週もあと2日。濃い1週間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です