カテゴリー

お墓参りでスッキリ

最近は家族ネタが多いのですが、今日はお客様とのお打ち合わせの後、お墓参りに行ってきました。うちの祖父・祖母・母が眠るお墓は、藤沢の遊行寺と呼ばれるお寺にあります。箱根駅伝でよく出てくる遊行寺坂にあります。時宗という、あまり大きくない宗派です。教科書に載っていますよ!一遍上人、踊念仏が有名です。お得意様の場所から車で20分くらい、とても近いのです。

毎年5月の母の日にお墓参りに行くのが習慣でしたが、コロナ禍で外出を控えていました。今日、お得意様でお打ち合わせだったので、これがチャンスと思い、大雨でしたが、、、お線香あげてきました。ずっと何か心残りだったのでスッキリです。

色々な経営者が、定期的にお墓参りしなさい!!と仰っておりますが、最近、その意味が何となく分かります。なぜか?については、まだうまく言葉に出来ませんが、何となくそう思います。ご先祖様を思う気持ち、、うーん、まだうまく表現できないな、、もちろん感謝の気持ちですが、ご先祖様たちへの報告もあるし、何だろう(笑)やはり言葉にできない。とにかく、お墓参りの後は気持ちがスッキリするってことです!!

うちの祖父は谷田部銘板の創業者です。戦前から仕事をはじめ、高度経済成長にのって会社を大きくしました。オイルショックや円高、バブル崩壊など、苦境を何度も乗り越えてきた人です。後から聞いた話ですが、その頃の社長たちはハッタリというか、自分を大きく見せよう!という考えがよくあったみたいで(笑)残された人たちは大変だったそうです(笑)でも、今、私があるのはご先祖様たちのおかげであることは間違いない。感謝感謝。うちの会社の根底にあるものは祖父が作ったものです。業界で顔が広かったから、私はとても助かっています。本当にありがとうございます。

そんな感謝の気持ちが生まれたのは、社会に出てからですよね。小さい頃は自分の家業が大嫌いで、いつも揺れてるし、薬品クサイし、職人さんはぶっきらぼうだし。あまり良い思い出がない。それで外に出た訳ですが、今は元サヤです。小さい頃から祖父と祖母たちから、あなたが会社を継ぎなさいと言われていて、それに反発したけど、最終的には要望をかなえた形ですね。つないでつないで創業79年です。長いね、こう客観的に見ると。大事にしないと。うちの会社には79年の想いが詰まっているんですね。あ、少し重たいですね(笑)

会社を継ぐとか継がないは家族の問題ですけど、そこで働いている社員たち、お客様、協力工場様、やはり会社を継続していくことは、その日常を残していくこと。金曜日まで働き、週末でリフレッシュして、また月曜日から日常に戻る。新年から仕事をはじめ、年末で仕事納め。正月休みを終えてまた日常に戻る。それだけで会社を続けている意味はあるんだなと。お墓参りして、そう再認識したところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です