カテゴリー

娘からの手紙

今週も殻に閉じこもってガマンする期間、継続中です!!

とは、いいながら、やることは結構あり、最近は帰りが遅くなることが多いです。そんな時に娘からもらった手紙、じわっと嬉しかったです。歳をとると涙もろくなると言いますが、泣きそうになっちゃうね。

自分の子供を見ていると、やっぱり感情表現が素直です。嫌な時は嫌と言うし、寂しい時は寂しいっていうし。最近は学校や習い事が無かったから、もっぱら遊ぶのは親。一人っ子なので。私もつまらなさそうにしている娘がかわいそうで、特に週末は一緒に遊んでいます。一緒に過ごす時間が増えたから、やっぱり帰りが遅くなると寂しくなっちゃうみたいです。コロナ前は、結構私、粗雑に扱われていました(笑)習い事も、お友達との遊ぶ時間も多かったからです。今は一緒の時間が多く、思春期前のラストチャンスか!?一緒に過ごす時間が楽しい。でも、一人で出来る事が増えたから、それもそれで寂しいですけどね。

自分の娘から学んだことは、思ったこと、考えていることをはっきり伝えるってことです。この手紙を読んで、心から思いました。商売やって、年齢も重ね、立場もあると何となく遠慮して過ごすことが多くなりますよね。それは世間体というか、人間関係を円滑にするためにはもちろん必要ですけど、お互いが何も発しなければ伝わらないし、それが修復できないすれ違いにつながってしまうこともあります。それは察してよ!!が伝わらなければ、勇気を出して言うしかないこともある。壊したくないから言わないのではなく、譲れないこと、大事にしていることは人それぞれありますから。

娘みてて改めて思いました。子供から学ぶことも多いですね。そして子供からの手紙は本当にうれしい。私、全部取ってありますから(笑)お金なんかでは買えない、かけがえのないものです。手紙の一言で救われます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です