カテゴリー

見積りが少し増えてきた感じです。

ここ数日、新規の見積もり案件と新規の受注が増えてきました。一時のことかも知れませんが、自粛緩和の影響は出てきているように思えます、いや、思いたい!!

製造業、夏場はヤバイ説、逆に復活説、年末まで止まる説、秋ごろ景気急回復説、結構、いろんな予想ありますが、私のやることはとにかく取れる仕事を取ることです!!無理は禁物ですけど、出来ることをやるのみ。毎日、その積み重ねですね。今日は見積もり件数がとても多く、気が付いたら23:00です。久しぶりに良い疲労感。もう計算出来ません。巨人も4連勝だし、充実の一日でした(笑)

銘板というとてもニッチな業界で、ターゲットのお客様も少量多品種のお客様ですから、ニーズは底堅い感じがします。全体で見れば景気の影響は大ですが、全く無いことは無い。ただ、業界ごとの差が激しいですね。あまりにも業界を気にし過ぎて、マーケティングや営業を考えるより、私は銘板に絞っておりますので、どの業界でもOKのスタンスです。結果として、業界ごとの差が分かりますね。景気が戻る時は、ブワっと全体が上がります。次から次へと。大体、大きな仕事が決まることがきっかけですが、一気に社内の稼働率が上がる。残業が増える。今はそこまで勢い無いですけど、ボチボチ動いている感じが続いています。少しでも増えて来ると、私のモチベーションもアップします!!

そして、新しいことを一つ考えています。もらった人がうれしいと思える製品。こちらからある程度、製品ラインナップを決めて提供できる体制にしたいです。決まったらブログでお知らせします。銘板の技術で人に喜んでもらえるものって、まだまだたくさんあると思っています。機械に取り付ける機械銘板は重要部品ではないけど、必ず必要なものです。それとは違った考え方で、同じ製法で、違う見せ方をすると、違ったターゲットの方々に喜んでもらえるもの。まだまだあります。特に金属の製品、エッチングやアルマイトは古い技術ですけど、もらった人に感動してもらえるポテンシャルはまだまだ大きい。そこを考えていきたいです。

色々サンプルを作成していますが、気が付いたことはロゴマークとかデザインとかの重要性。いつまでも谷田部銘板のロゴだと面白味が無いから、友人のお店のロゴマークとかデザインデータを提供してもらいました。やっぱ、プロが考えるデザインは格好良いね。そのデザインを拝借して、文字のバランス決めたり、ロゴの位置考えたり、そんな作業していると時間が経つのを忘れます。きっと好きな仕事なんだな。

そのデザインを実際の加工でうまく出せるかどうか、ここは長年の経験だったりします。通常の銘板でも、0.01mm単位でデータを調整したりします。そこが大事なんですね。特に細い文字だと、線が細いと切れてしまったり、あまりに太いと仕上がりイメージ変わったり。外注さんのクセもあるし、季節的なことも大きいです。特に今は急に暑くなってきたから、寒い時より彫れるスピードが早い。そうなると文字がぼてっとします。その微調整を考えたり。品質とはそういう細部に宿るものなのかな。

細かい作業ですが、全然キライではない。私が好きで得意なところは、そんな細かいところかもです。今後はそこに注力したいな、と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です