カテゴリー

会社員時代のおかげ

今は会社の経営に携わっていますが、大学卒業後は2年間でしたが、日本橋にある会社に勤めていました。

たった2年で何が分かるのか!!て言われそうだけど、会社員時代は今の私を形成する大事な期間でした。とにかく私はすべてなめていました。自分だったらどうにかなるって。その考えは甘かった。職場での人間付き合い、電話の取り方から始まるお客様対応、などなど。とにかく色々凹み、学びました。まぁ、とにかく忙しい職場で、お客さんにマジで怒られることが毎日でした。精神的にはタフになりました。なので、今は仕事で凹むことは少ない。

今日、たまたま前の職場の人のライングループでやり取りがあって、あの20年前を思い出しました。まず勉強したのが、職場での人との関わり方。学校でもバイト先でも結局は「友達」付き合いです。もしくは先生とか、バイトと正社員という明確な立場の違い。会社の同期は友達に近い部分はありますが、学生時代の友人という感覚ではなく。職場の先輩・後輩・上司は、新入社員の時は、その距離感の難しさをまず感じました。どこまで踏み込めるのか、どう距離感を保つのか。その微妙な線引きを勉強しました。

後はお客様への対応。電話を取って社名を言うことから始まり、いつもお世話になっております、と定型文。こんにちは!と同じ感覚ですね。そういう経験ないと、電話取ることも出来ないから。それだけで勉強です。会社員の時は1日中電話していましたから。なので、その時の経験は今の仕事の電話でも活きていますね。今の電話での営業(相談?)は会社員時代よりよっぽど難しいものだけど、電話口で相手の言いたいことを理解する訓練になりました。

一番良かったことは、同じ課にいた人達との付き合いでしたね。仕事に対する緊張感があるかどうかを考えれば、今の方が100倍あります(笑)自分次第で仕事を取るかどうかのゲリラ戦ですから。でも、会社員時代の同じ課はとても仲良くあの頃の雰囲気はとても好きで、今の自分の会社でも同じ空気を求めているのかも知れません。もう少し緊張感持たせた方が良いのかな(笑)

たまに今でも会社員時代の方々と会うことがあります。今の立場は経営者ですが、その方々と会うときは自分はいつも一番下っ端です。その時はすっと安心しますね。下っ端でいられる安心感です。建前なしで話を聞いてくれますから。そういうお付き合いが継続できるのは、マジで貴重です。ありがとうございました。

今日は少しうまくいかない日でしたが、旧職場の人達とのラインで少し救われたわ。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です