カテゴリー

中日ドラゴンズが強い

今日は仕事の話とは全く関係ないプロ野球の話です(笑)我がジャイアンツはM7で優勝目前です。今年は強かった(←過去形)ここにきて一気に調子を落としていますね。気になります。

原さんの采配は見事だと思います、今のところ。若手、ベテラン、生え抜き、移籍組、毎日打線を組み替えて、ケガに注意しながら。9連戦、13連戦と、過去に経験の無い連戦続きで、調子を保つことが本当に難しい。そんななかでのやり繰りは素晴らしいです。

で、気になるのは中日ドラゴンズ。今年はクライマックスシリーズ無いから良かった・・・(笑)今の調子でクライマックスシリーズあったら、負けそうです。

中日ドラゴンズは、昔から投手が非常に良いチームという印象です。落合監督の時は本当に強かった。先発・リリーフ・抑えと完璧な役割分担。打線も小技からパワーヒッターまで揃え、守備力も抜群。落合さん辞めて、私は本当にほっとしたんです(笑)勝てる気がしなかったから。1点差のゲームが本当に強かった。あと一歩で負けることばかりで。蛇足ですが、中日黄金時代のエース、チェンは今ロッテにいるんですね。このピッチャーも本当に良いピッチャーでした。

与田監督になってから、ピッチャーが本当に良くなりました。特にリリーフと抑え。あと、外国人が本当によく当たるんですよね。その辺りのテコ入れが功を奏して、最近は本当に強い。以前のドラゴンズが少し戻ってきたのかなって。。来期は脅威ですよ。ピッチャー良いと、安定しますからね。

もちろん打撃も重要なんですが、やはり野球はピッチャーですね。今年も巨人も投手力が安定しています。3連覇した時の広島もピッチャーが本当良かった、先発から抑えまで。打撃は好不調の波がありますが、投手力含めた守備は好不調の波が少ない気がします。10点取っても負けることありますから、失点を出来るだけ抑えれば勝つ確率が上がる。点数が何点も入る試合は観ていて楽しいですけど、負けてしまえば仕方ありません。結果がすべてですね。

経営だって同じこと言えます。バンバン派手に仕事を取って売上上げても、収益構造がザルだったら利益は出ません。まさに今コロナ不況の真っ只中。生き残るのは野球でいう守備力みたいな堅実性でしょうか。あー!売上少ない!って嘆いても、とりあえず何とか黒字になれば良いのです。1点差でも勝てば良いと同じこと。ホームランはいつでも出せる訳ではありませんから。つまりそういうことです。守備力って本当に地味ですけど、実利は大きいってことです。

なんて、また仕事の話になってしまいましたが、やっぱり私はプロ野球が好きです。もう少しで終わってしまうのが寂しい限りです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です