カテゴリー

大学に行く意味

昨日、大学のことを記事にしたところ、思わぬプレゼントを頂きました!!サイトウ様、どうもありがとうございました!!

大学は勉強するところですが、正直、大学4年間は、みんなと同じく、友人たちと遊びに出かけ、バイトに明け暮れ、あまり勉強した記憶がありません(笑)親には大変申し訳なく思っております。でも!!そこで出来た友人たちとは今でも付き合いありますし、あの4年間の自由な時間はかけがえのない時間でした。何か解き放たれたというか、なんつーか、とにかく自由にやらせてもらいました(笑)あの4年間、自由過ぎる時間を送ったので、悔いは無し。卒業後、何かに打ち込めるきっかけになったと思っています。

そして、社会人になってからは、同じ大学ということで人脈も広がります。板橋区のものづくり業界での有名人の方々は、同じ大学のOBの方も多く、お付き合いのきっかけとして同じ大学出身であることも多いです。学生時代には想像していなかったような人脈の広がり。感謝しております。それが仕事に繋がるかとか、そういうことではなく、結構突っ込んだ相談もしやすく、先輩方にはお世話になっております。

このようなお付き合いは、特に意識していなかったのですが、以前、アメリカの有名な方が言っていた点と点が結ばれる、そんな感じがしています。意識的に自分で繋げるのではなく、自然と色んな点と点が繋がるというか、そういう意識です。ちなみに、同じ大学出身の方々、何だかやっぱり雰囲気が似ているというか、ガツガツしている人より、「和」というか柔らかい人が多いような気がします。あくまでも個人の感想ですけど。社会人になったばかりの時は、大学なんてあまり気にしておりませんでしたが、45歳になった今、その繋がりを逆に感じるようになりました。

そのような「点」をつくる意味で大学に行く意味はあるのではないかと思います。もちろん、勉強もしないといけないけど(笑)大学行かなくても知見を広げられる人はたくさんいると思いますが、私自身、今から振り返ると、大学に行って良かったと思っています。

今日も同じモノづくりの先輩と短時間ですがお話することができ、工場運営のヒントをもらえました。大事な大事なお付き合いだと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です