カテゴリー

丸投げは困るんです。

当社は、銘板初心者の方にも丁寧にご相談乗るように心がけております。たまに問い合わせが集中しますと、返信を忘れてしまったり、時間がかかったりしますが、、本当に申し訳なく思っております。すいません。

大部分のお客様は、使う用途などが決まった段階でお問い合わせ頂きますので、こちらも色々と提案がしやすい。少量だとこの方法であればご予算内に収まりますとか、どうしても時間が無い場合はこれで行きましょう!など。どうしても具体性が高い案件から回答するようになってしまいます

ごくたまにですが、「全然分かりませんので、とりあえず提案してください」とう問い合わせがあります。「銘板のこと」であればプロですので何でも答えます。ただ、何を作りたいか明確で無い場合、提案のしようがないです。以前、広告代理店の方が、お客様に提案したいので、作成するノベルティの製品選びから提案してください、って人もおりました。それはあなたの仕事だと思うのですが(笑)

あと、「仕様が決まっているので仕様書を送ります、見積もってください」、という問い合わせもよくあります。大部分の場合、問い合わせする方も仕様は大体把握しており、細かい部分をつめていくと話が前進します。ただ、こちらから質問すると「わからないから最適な方法で」、と言う方もおり、そこで話は止まってしまいます。目的は「見積もり」のようです。お役所の入札案件などが多いです。大体の場合、明日の午前中まで大至急とか!そんなの決まるわけないでしょう。

また、納品後のトラブル。最終ユーザー様との直接のやりとりであればこちらも気を付けますが、間に何社も入っていると確認漏れが発生してトラブル確率も高まります。最終的に作る側としては、ほんの些細なことでも、作り方を最初から見直すことだってあるのです。ごくごく稀に、当社からの納品物を検査することもなく、その先のお客様に段ボールもあけずに送る方人も・・・。クレームがあった場合、お客様から言われたことをそのまま私に言うのですが、そもそも納品物見てないから話が噛み合わない・・。プロで無いのでわからないのは承知していますが、私のお客様はあなたなんです!あなたに聞いているんです!といつも言いたくなります。

丸投げは本当に信頼できる相手でないと出来ないものです。何度も取引をして、そのうち、アレとかコレで分かってくる。お客様が何度もご来社頂くケースもあるし、こちらから伺うこともありますが、信頼関係があるからこそ、アレでお願い!で通じるんですね。

なので、誠に申し訳ありませんが、明らかに丸投げのようなお問い合わせには答えることが出来ないこともあります。あと、無茶なお問い合わせもです。データないですが、1000個・5000個・10000個、明日の朝までに見積もりください、みたいなもの。メールや電話でお断りすることもあります。最適な方法で概算で良いからって。最適な方法の概算って何ですか(笑)

作る相談ではなく、値段を集めたいだけなんですかね。どこかで偉い方が相見積もり取って来い!みたいな理不尽な指示を出しているんでしょうか。私にはよく分かりませんが・・。

今日は少し愚痴っぽく書いてしまいましたが、そのような方はごく一部で、大部分のお客様とは楽しくお仕事させてもらっていますどしどしお問い合わせください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です